難関資格、社労士
書庫

社労士資格は実は超難関試験として有名な資格です。様々な分野に渡って、広い知識が必要だと言われる社労士資格なのです。その勉強の為に様々な参考書や予備校、それから塾があり、多くの受験生はこれらを利用して勉強を行っています。

独学か通学か
メモをとる女性

資格試験を突破するには社労士試験の勉強をしなければなりません。勉強法は大きく分けて2つあります。1つは、参考書やテキストを利用する独学、もう1つは、社労士受験専門の勉強法を教えてくれる、塾や予備校に通う通学の方法です。

勉強内容
六法全書

社労士の資格試験の為には様々な勉強が必要だと言われています。労働基準法はもちろん、労災や社会保険について深く掘り下げた知識も必要とされます。多くの予備校などでは、順を追ってわかりやすい授業が行われています。

社会に必要とされる人

柔道整復師の専門学校では治療のノウハウをしっかり学ぶことが出来ます。3年間と短い期間でも夢の職場で働けますよ。

心理カウンセラー講座やメンタルケア心理士講座などを提供しているのがこちらです。教材が充実しているからしっかり学べますよ。

社会保障や年金を取り巻く行政の動きは、近年とても活発です。年金額の改定や派遣労働者の法律が改正された事などは、ニュースで耳にした人も多いでしょう。また、良くメディアに取り上げられる問題として、企業における労働条件の問題が挙げられます。いわゆる、「ブラック企業」の問題です。ブラック企業とは、法律で定められた労働に伴う賃金や労働時間、それから労働する環境についての基準に満たない企業の事です。残業が異常に多かったり残業をしても残業代が出なかったりする会社は、労働する側から見て、その人権を犯しているといっても過言ではありません。そのような企業の問題が明るみになった事で、多くの人が自分の置かれている労働環境について見直す機会になりました。しかし、労働や社会保障を取り巻く法律というのは用語や言い回しが難しい為、簡単に理解する事は困難です。おまけに、社会保障分野というのは毎年改正があると言われるほど、変化が激しいのです。そんな難しい分野を専門とする資格が社会保険労務士なのです。

社会保険労務士は労働者の味方でありながら、会社を運営する経営者側の味方でもあります。会社というのは働く人が支えるものです。その働く人の雇用に伴う労災や雇用法県、健康保険の手続きを会社に代わって行えるのも社労士の特権の一つです。その他にも、企業の中には行政から助成金や補助金をもらう資格があるのに、それを知らずに未申請な企業が多くあります。それらの企業の申請を代わって行なうのも社会保険労務士の業務の一つです。

書類を持つスーツ男性

人の心を救いたいなら心理カウンセラーをオススメします。コチラでカウンセラーになるための講座を紹介しているので参考になりますよ。