勉強内容

六法全書

社労士とは、社会保険労務士のことをいいます。社会保険労務士は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類などの作成を行います。また、企業に対しては、経営をしていく上での労務管理や社会保険に関する相談や指導を行うことができます。書類を作成するだけでなく、手続きもおこなうことが可能です。このように、社会保険労務士は、企業などの組織と人との間にたって、社会保障の活用をすることができる重要な役割をもっています。企業において労務管理や、社会保険にかんすることは欠かすことができません。そしてこの分野は専門的な知識が必要なので、資格のないひとが、書類を作成したり、手続きをすることはできません。このように企業にとっては、必要な人材なのです。

社会保険労務士になるには、資格が必要になります。学ぶ内容は、労働基準法や雇用保険法や労務管理や、健康保険法、厚生年金保障法や、国民年金法など多岐にわたります。そしてこの資格の合格率はけっして高い方ではありません。もちろん、テキストなどを利用して独学で学ぶことも可能です。しかし勉強の難易度からしても、スクールに通うのが効果的といえます。スクールとっても、通学コースや通信コースがあります。また、受験するための受験資格も必要です。自分が受験資格をもっているか確認したうえで、勉強をすることが大切です。スクールでは、さまざまなコースがあります。入門講座から、試験直前対策講座、また受験経験者を対象とした講座などです。自分にあった講座を選ぶことが必要になります。