独学か通学か

メモをとる女性

労災保険や雇用保険などの労働保険、健康保険や厚生年金などの社会保険は、勤労者の生活と健康を守る公的保険であり、企業等における福利厚生の根幹をなす制度です。しかし同時に、いずれも内容が複雑で、一般の人が正しく理解するのが困難な制度でもあります。このような課題を克服すべく、行政と企業やそこに勤める人たちとの橋渡し的な役割を担っているのが社会保険労務士、通称社労士です。社労士は、労働保険及び社会保険のエキスパートとして、法令等に定める書類の作成や関係各署への手続き代行、帳簿類の整備などを依頼を受けて行います。また、人事や労務管理に関するコンサルティング等を通じて、労働現場における諸問題の解決の手助けをします。

労働保険・社会保険に関する事務は大規模企業であれば専任の社員に担当させることもできますが、中小企業ではそれだけの余裕がありません。そのような場合に社労士と顧問契約を結べば、専門的な知見を背景にした質の高いサービスを受けることができます。社労士は厚生労働大臣の認定する国家資格で、近年は多様化する雇用環境を背景にその社会的需要はますます高まってきており、いわゆる独立開業系の資格の中でも常に人気上位にランキングされています。また、企業の人事・総務部門などにおいても資格取得者を優遇する動きがあることから、就職・転職に有利な資格とも言われています。専門学校や通信教育などの受験講座も非常に高い人気があります。